2007年11月04日

結婚式 マナー

結婚式のマナーについて 結婚式、結婚祝の作法と礼儀
結婚式のマナーについて 結婚式のマナーを考えよう

素晴らしい二人、親族、友人に囲まれた新郎新婦・・。ステキな気持ちになってしまいますよね。

結婚式は、本当に素晴らしいものです。



新郎新婦のちょっとはにかんだ笑顔や、両親・親族の嬉しそうな顔をみるだけでも、幸せな気持ちになります。



ですから、結婚式は大好きなんです。いつも、幸せな気分になりますから・・・。

結婚式のマナーに関する参考サイトです。


結婚式 マナー
posted by 結婚式のマナー at 22:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

結婚式の礼儀

結婚祝 礼儀と作法


最近では、結婚祝はご祝儀を式場の受付で渡すのが一般的となっています。



また、ご祝儀で渡さずに結婚祝を物品で渡すのであれば、結婚式の一週間くらい前の吉日を選んで自宅へ持参します。そして、式の受付では、御祝を渡しました・・・と伝えてから式場へはいります。



結婚祝の金額に関するマナー


金額としては、二で割り切れる数字を包まないのが基本です。たとえば、二万円、四万円よりは三万円、五万円、ということです。これは、二で割り切れる数字ですと二人が分かれる、ということを連想させるからなのでしょう。そして、用意するお金は当然新札です。結婚式は週末などに行われることが多いですから、前もって銀行などで用意しておくことを忘れずに!



また、ご祝儀に包む金額は、友人、同僚などの式だと三万円くらい、というところでしょう。基本的な考え方は、披露宴の食事料金プラス、気持ち、であるといわれています。



・・・でも、皆が本当はどれくらい包むのか、自分のは少ないのかも・・などと不安になる場合、どうすればよいのでしょう。



そんな時は、同じ式に出席する友人などに金額をきいておくとよいのです。



参考として、普通のつき合いであれば三万円、兄弟なら5〜10万、おいやめいなどの親類なら3〜5万円といわれています。



よくある質問 結婚祝の礼儀作法 特別編


1 夫婦で出席するのですが御祝金はどうする?

2 子供も出席するのですが、御祝金はどうすれば?

3 会費制の式に出席する場合は、御祝金を別に包むべきですか?



1 夫婦二人で五万円を包む人が多いようです。

2 子連れの場合、席、食事が用意されていれば大人の半分〜八割くらいを包みます。

3 会費制の場合、ご祝儀は不要です

結婚式 マナー
結婚式 マナー
結婚式の礼儀とマナー
結婚式 マナーと作法
結婚式の礼儀とマナーについて
結婚式 マナー
結婚式 マナー
結婚式 マナー とは?
結婚式 マナーに関する質問
結婚式 マナー とその回答
結婚式 マナー に関して
結婚式 マナー を知ろう
結婚式 マナー 礼儀作法
結婚式 マナー
結婚式 マナー について
結婚式 マナー
結婚式 マナー
結婚式 マナー
結婚式 マナー
結婚式とマナー
結婚式 マナー
posted by 結婚式のマナー at 14:33| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚式の礼儀作法とマナー

結婚祝 礼儀と作法


最近では、結婚祝はご祝儀を式場の受付で渡すのが一般的となっています。



また、ご祝儀で渡さずに結婚祝を物品で渡すのであれば、結婚式の一週間くらい前の吉日を選んで自宅へ持参します。そして、式の受付では、御祝を渡しました・・・と伝えてから式場へはいります。



結婚祝の金額に関するマナー


金額としては、二で割り切れる数字を包まないのが基本です。たとえば、二万円、四万円よりは三万円、五万円、ということです。これは、二で割り切れる数字ですと二人が分かれる、ということを連想させるからなのでしょう。そして、用意するお金は当然新札です。結婚式は週末などに行われることが多いですから、前もって銀行などで用意しておくことを忘れずに!



また、ご祝儀に包む金額は、友人、同僚などの式だと三万円くらい、というところでしょう。基本的な考え方は、披露宴の食事料金プラス、気持ち、であるといわれています。



・・・でも、皆が本当はどれくらい包むのか、自分のは少ないのかも・・などと不安になる場合、どうすればよいのでしょう。



そんな時は、同じ式に出席する友人などに金額をきいておくとよいのです。



参考として、普通のつき合いであれば三万円、兄弟なら5〜10万、おいやめいなどの親類なら3〜5万円といわれています。



よくある質問 結婚祝の礼儀作法 特別編


1 夫婦で出席するのですが御祝金はどうする?

2 子供も出席するのですが、御祝金はどうすれば?

3 会費制の式に出席する場合は、御祝金を別に包むべきですか?



1 夫婦二人で五万円を包む人が多いようです。

2 子連れの場合、席、食事が用意されていれば大人の半分〜八割くらいを包みます。

3 会費制の場合、ご祝儀は不要です

posted by 結婚式のマナー at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚式のマナー

出席できないときの、返送の仕方


大切な仕事と結婚式の日にちが重なっている・・そんなことも長い人生に一度や二度はあります。仕方ないので、欠席として返信しましょう。ですが、ハガキを返すだけでは少し失礼です。



では、どうやれば礼儀作法にのっとったふるまいになるのでしょう。あなたはしっていますか。



それは、新郎新婦の二人を祝福する、ということです。祝電を結婚式の当日に会場におくる、郵便局のレタックスを利用するなど、方法は色々あります。最近は、電報などでもぬいぐるみのついたかわいらしいものがありますので、喜ばれることだと思います。



また、欠席の返信ハガキを送る場合は、出席のときとは違い、数日〜一週間ほどの間をあけて出した方がよいでしょう。



結婚の御祝について


招待してくれているのに欠席するわけですから、やはり御祝を忘れてはいけません。



贈るのは、品物、またはお金ですが、その金額は大体一万円くらい、というのが相場のようです。



理想的なのは、式の一週間くらい前の吉日をえらび、自宅に持参する、ということです。無理ならば郵送でもかまわないでしょう。



最悪のケース・・・結婚式当日にドタキャンせざるをえなくなったときのマナー


この場合は、なるべく早くに電話などで、即座に主催者に連絡をいれます。また、つながらない場合は家族、あるいは式場などに早急に連絡をいれることです。



また、時間的に可能であるのならば、会場へは電報などで御祝のメッセージだけでも伝えます。この時、欠席することについてはふれないでおきましょう。あくまでも、電報の内容は御祝のみにとどめておきます。そして、後日には欠席のお詫びを行いましょう。

posted by 結婚式のマナー at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚式マナー

結婚式 招待状のマナー


結婚式の招待状・・・。この返送の仕方にも、マナーがあります。(具体的な記入の仕方は後で述べます)



そのマナーとは、一体何か、あなたは知りたくありませんか?



招待状は、できるだけ早く返送して下さい、ということです。



期日ギリギリになるまで返信しない、という人もいますが、これはマナー違反です。可能なかぎり早くに返事を書いてあげましょう。できればその日のうちに。無理であれば、三日以内、最低一週間以内、というところでしょうか。



この理由について、今からご説明したいと思います。


その答えは明白です。

なぜなら、主催者サイドにも引き出物の数の都合、会場への連絡の都合など、色々と理由があるからです。



さて、返信するときは、メッセージを一言添えておくことを忘れずに!



都合で今はまだ出欠の予定がわからない場合は・・?


招待状をもらったら、なるべくはやくに、「出欠の予定が立てられる時期」がいつごろになるのか?ということを新郎(新婦)に伝えることが大切です。



ドタキャンの可能性があるような場合(つまり、式直前まで分からない場合)は、相手に迷惑がかかる可能性もありますので、最初から欠席しておく、というのもよいでしょう。

posted by 結婚式のマナー at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚式のマナー

新郎新婦が結ばれる、結婚式・・・・招待されると、いつだって嬉しいものです。



おめでたい席、素晴らしい料理、そして、祝福の言葉や新郎新婦お笑顔・・・。



結婚式は、いつだって私を幸せな気持ちにしてくれるんです。



このあいだ、友人の結婚式に参加したのですが、(それは二次会でした)とても楽しくすごすことができました。・・・やっぱり、結婚式ってよいものですよね!



しかし、結婚式では、注意しておきたいことがあります。



実は、その注意するべき内容とは・・・。



私達が結婚式で注意するべき内容とは・・・そう、結婚式のマナーです。



なぜなら、結婚式には多くの人がやってきます。友人や若い人だけではなく、年配の人もきますし、親戚もやってきます。



親しき仲にも礼儀あり、といいます。最低限の礼儀作法、マナーは守りたいものです。



結婚式のマナーなんて、面倒だし、難しそうだし、と敬遠する人もいるかもしれません。中には、自分さえ楽しければよいんだ、なんていう人もいるようです。



大丈夫です!実は、結婚式のマナーって、以外と簡単なんです。



それでは、これから、結婚式のマナーと礼儀作法など、色々と目を通して、実際に見てゆきます。

posted by 結婚式のマナー at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。