2007年11月03日

結婚式の礼儀作法とマナー

結婚祝 礼儀と作法


最近では、結婚祝はご祝儀を式場の受付で渡すのが一般的となっています。



また、ご祝儀で渡さずに結婚祝を物品で渡すのであれば、結婚式の一週間くらい前の吉日を選んで自宅へ持参します。そして、式の受付では、御祝を渡しました・・・と伝えてから式場へはいります。



結婚祝の金額に関するマナー


金額としては、二で割り切れる数字を包まないのが基本です。たとえば、二万円、四万円よりは三万円、五万円、ということです。これは、二で割り切れる数字ですと二人が分かれる、ということを連想させるからなのでしょう。そして、用意するお金は当然新札です。結婚式は週末などに行われることが多いですから、前もって銀行などで用意しておくことを忘れずに!



また、ご祝儀に包む金額は、友人、同僚などの式だと三万円くらい、というところでしょう。基本的な考え方は、披露宴の食事料金プラス、気持ち、であるといわれています。



・・・でも、皆が本当はどれくらい包むのか、自分のは少ないのかも・・などと不安になる場合、どうすればよいのでしょう。



そんな時は、同じ式に出席する友人などに金額をきいておくとよいのです。



参考として、普通のつき合いであれば三万円、兄弟なら5〜10万、おいやめいなどの親類なら3〜5万円といわれています。



よくある質問 結婚祝の礼儀作法 特別編


1 夫婦で出席するのですが御祝金はどうする?

2 子供も出席するのですが、御祝金はどうすれば?

3 会費制の式に出席する場合は、御祝金を別に包むべきですか?



1 夫婦二人で五万円を包む人が多いようです。

2 子連れの場合、席、食事が用意されていれば大人の半分〜八割くらいを包みます。

3 会費制の場合、ご祝儀は不要です

posted by 結婚式のマナー at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。