2007年11月03日

結婚式のマナー

出席できないときの、返送の仕方


大切な仕事と結婚式の日にちが重なっている・・そんなことも長い人生に一度や二度はあります。仕方ないので、欠席として返信しましょう。ですが、ハガキを返すだけでは少し失礼です。



では、どうやれば礼儀作法にのっとったふるまいになるのでしょう。あなたはしっていますか。



それは、新郎新婦の二人を祝福する、ということです。祝電を結婚式の当日に会場におくる、郵便局のレタックスを利用するなど、方法は色々あります。最近は、電報などでもぬいぐるみのついたかわいらしいものがありますので、喜ばれることだと思います。



また、欠席の返信ハガキを送る場合は、出席のときとは違い、数日〜一週間ほどの間をあけて出した方がよいでしょう。



結婚の御祝について


招待してくれているのに欠席するわけですから、やはり御祝を忘れてはいけません。



贈るのは、品物、またはお金ですが、その金額は大体一万円くらい、というのが相場のようです。



理想的なのは、式の一週間くらい前の吉日をえらび、自宅に持参する、ということです。無理ならば郵送でもかまわないでしょう。



最悪のケース・・・結婚式当日にドタキャンせざるをえなくなったときのマナー


この場合は、なるべく早くに電話などで、即座に主催者に連絡をいれます。また、つながらない場合は家族、あるいは式場などに早急に連絡をいれることです。



また、時間的に可能であるのならば、会場へは電報などで御祝のメッセージだけでも伝えます。この時、欠席することについてはふれないでおきましょう。あくまでも、電報の内容は御祝のみにとどめておきます。そして、後日には欠席のお詫びを行いましょう。

posted by 結婚式のマナー at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64298025

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。