2007年11月03日

結婚式マナー

結婚式 招待状のマナー


結婚式の招待状・・・。この返送の仕方にも、マナーがあります。(具体的な記入の仕方は後で述べます)



そのマナーとは、一体何か、あなたは知りたくありませんか?



招待状は、できるだけ早く返送して下さい、ということです。



期日ギリギリになるまで返信しない、という人もいますが、これはマナー違反です。可能なかぎり早くに返事を書いてあげましょう。できればその日のうちに。無理であれば、三日以内、最低一週間以内、というところでしょうか。



この理由について、今からご説明したいと思います。


その答えは明白です。

なぜなら、主催者サイドにも引き出物の数の都合、会場への連絡の都合など、色々と理由があるからです。



さて、返信するときは、メッセージを一言添えておくことを忘れずに!



都合で今はまだ出欠の予定がわからない場合は・・?


招待状をもらったら、なるべくはやくに、「出欠の予定が立てられる時期」がいつごろになるのか?ということを新郎(新婦)に伝えることが大切です。



ドタキャンの可能性があるような場合(つまり、式直前まで分からない場合)は、相手に迷惑がかかる可能性もありますので、最初から欠席しておく、というのもよいでしょう。

posted by 結婚式のマナー at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。